• このエントリーをはてなブックマークに追加

日帰り温泉付きでスキーツアーへ行くなら

スキーツアーへ行くなら日帰り温泉付きのツアーを選んだほうが得ですし楽しめます。筋肉の疲れや移動の疲れも癒すことができますし、時間を有効に使えます。冷えた体を温めることができますから、帰りのバスでもぐっすりと眠れます。リフト券付きや温泉入場券付きでお得なセットプランになっていることが多く、とても便利でお得です。種類も豊富で、スーパー銭湯や共同浴場、健康ランドなど選べるようになっているので、毎回違うものを楽しむこともできます。必要なものは現地でレンタルできますので手ぶらでも出かけることができ、思い立ったらすぐに行動することができます。ツアー料金もお得で交通費も含まれていますし、移動はプロにまかせることができるので週末ごとにリゾートを楽しむことも可能です。

日帰りスキーツアーの注意点とは

日帰りスキーツアーで注意しなければならないことは朝出発、夜出発を選ぶことができるので便利ですが、滞在時間を長くするために無理をしてスケジュールを組んでしまいがちになることです。朝帰宅してそのまま出社できるところがメリットではありますが、体力的にも負担が大きいのでやはり翌日は休んで自宅でゆっくりするか、宿泊にしてのんびり過ごすほうがおすすめです。温泉も郊外にあることが多く、移動時間がかかって疲れてしまったり、場所がわからなくてイライラしたりすることもあるので注意が必要です。通いなれたゲレンデではない場合にはコースの確認も必要です。事前準備が不要といった印象が強いのですが、実際には旅行ですのである程度のスケジューリングが必要です。フードコートやサウナ、ジャグジーなど設備面での下調べは必須です。

体力の負担が大きそうなときには

手軽に楽しめるスノーリゾートですが、往復バスは意外と体力の負担が大きいものです。眠っていられるとは言え、リクライニングでは傾斜に限界があり、横になってぐっすり眠れるのとは違いがあります。車内も明かりが控えめになり、眠りやすくしてくれているとはいっても仕事をしていて明かりをつけている方もいますし、トイレに立つ人がいるなど眠りに適した状況とは言えません。ゲレンデにつくまではわくわく感がありますから疲れも感じませんが、翌日には移動とスポーツの疲れがピークになります。ツアーでは片道の予約も可能ですから、体力の負担が大きそうなときには復路は新幹線にするなどほかの手段も取りうるようなスキー場を選ぶのがおすすめです。ツアーによっては夜出発限定がありますので、夜中に出発することになり、乗車時間が来るまでの時間をつぶすのに困ることもあるので注意が必要です。

ピックアップ記事

日帰り温泉付きでスキーツアーへ行くなら

スキーツアーへ行くなら日帰り温泉付きのツアーを選んだほうが得ですし楽しめます。筋肉の疲れや移動の疲れも癒すことができますし、時間を有効に使えます。冷えた体を温めることができますから、帰りのバスでもぐっ...