• このエントリーをはてなブックマークに追加

夜行バスを利用したスキーツアーの魅力と座席シートについて

スキーツアーを利用すればリーズナブルな料金でスキーを楽しむ事が出来ます。 仕事などの都合で、日帰りでしかスキーを楽しめない人でも夜行便を利用したツアーなら可能と言う人は多いのではないでしょうか。 例えば、金曜日の夜に主要駅を出発するツアーなどの場合、仕事が終わってから集合場所に出向き、そこからスタートすれば翌朝には着きます。 しかも、バスを利用した場合には電車とは異なり乗り換え不要になるので、ゲレンデまでのアクセスにも最適です。 シートもゆったりしたタイプのものが多くなってきたので、座り続けることで疲れを感じることが少なくなってきました。

窮屈なバスはこりごりと言う人におすすめ

夜行のスキーツアーに利用されるバスは従来であれば窮屈なタイプがほとんどでした。 一度に多くのお客さんを乗せるため、補助座席を利用する事もあり、窮屈な思いをした人も多いです。 最近のバスは、前後の座席が比較的ゆったりとしている車両が多くなっているので、リクライニングを利用すればゆったりとした空間の中で移動が出来ます。 しかも、バスに乗ると眠れないと言う人なども、窮屈さが減っているのでバスの揺れに身を任せている内に夢の中、そして目覚めた時には辺り一面が銀世界など、バス旅行もたまには良いと感じる人も多いのではないでしょうか。 料金はシートのグレードなどに応じて変わりますが、たまに出掛けるスキーなので少々贅沢をしたい人にお勧めなのが3列や2列の座席があるバスです。

3列や2列の座席は左右の空間も広くなっています

夜行のスキーツアーの定番と言うとバスをイメージする人は多いと言えましょう。 眠っている間にスキー場に行く事が出来る、乗り換えずにそのまま連れて行って貰える魅力があります。 その反面、座席が狭くて窮屈と言うイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。 4列シートなどの場合は、座席の間隔が従来と比較すると広めになっているので、窮屈さも少なくなります。 しかし、4列の場合には左右の間隔はバスの車両幅に応じて決まってくるので、窮屈に感じる人も多いと言えます。 その点、2列や3列の座席を持っているバスなどの場合、前後の空間だけではなく左右の空間も広くなっているので窮屈な思いをせずに移動が出来るメリットもあります。 2列などの場合はバスの後方に設置が行われており、個室になっている場合もあるので女性一人でスキーに出掛ける時などにも安心です。

ピックアップ記事

日帰り温泉付きでスキーツアーへ行くなら

スキーツアーへ行くなら日帰り温泉付きのツアーを選んだほうが得ですし楽しめます。筋肉の疲れや移動の疲れも癒すことができますし、時間を有効に使えます。冷えた体を温めることができますから、帰りのバスでもぐっ...